NEWS

EMMA

菊地英昭


菊地英昭(きくち ひであき)

ex. KILLER MAY / THE YELLOW MONKEY

1964年12月7日に東京都日野市に生まれる。
1986年12月KILLER MAYのギタリストとしてメジャー・デビュー。
1989年に解散し、同年THE YELLOW MONKEYに参加する。
1992年5月、日本コロムビア・TRIADレーベルよりデビュー。
2001年1月8日東京ドームでのライヴを終えTHE YELLOW MONKEYは活動を休止。
2004年解散。インディーズ盤を含め、10枚のアルバムと24枚のシングルをリリースした。

2008年10月、インディーズ・レーベル「Brainchild’s Music」を設立。様々なアーティストとコラボレーションし、
頭脳から生まれる産物と創造的なアイディアなどを音楽で表現する120%自由なプロジェクトとして「brainchild’s」をスタートさせる。
2009年9月1st ALBUM『brainchild’s』、2011年8月には『PANGEA』をリリースし、バンドスタイルでの東名阪ツアーを行った。
2012年1月には初の映像作品LIVE DVD『brainchild’s TIPP12 Electric na tei de』をリリースしている。
5月にミニアルバム『6 continents』、12月には3rd ALBUM『Major Code』と精力的に作品を発表。
2013年2月にアルバムツアーを全国6カ所で行い、そのファイナル公演を収めたLIVE DVD『brainchild’s Major Code -TIPP13-』を10月にリリース。
2014年4月に4th Single『君がいて笑って、』を、5月には4th ALBUM『4』をリリースし、
バンドバスタイルで全国8カ所、アコースティックスタイルで全国9カ所、計17カ所のツアーを行った。
2015年7月に5th Single『まん中』をリリースし、初のビルボードライブ東京と大阪公演を行った。
12月に3rd LIVE DVD『brainchild’s Hybrid na tei de TOP2015 at Billboard』を発売し、 バンドスタイルで東名阪ツアーを行った。
2016年2月に2nd Mini Albumをリリース、3月〜4月に全国9カ所を巡るツアーを予定。

岩中英明

岩中英明

岩中英明 from Jake stone garage

2005年、3ピースロックバンド「Jake stone garage」加入。2015年7月に活動拠点を札幌から東京に移す。
今までにRISING SUN ROCK FESTIVAL、S×SW(サウスバイサウスウエスト)他、各地のフェスに参加。
2015年10月には2ndフルアルバム「Jake stone garage」をリリース、11/18渋谷クアトロでのワンマンも成功させる。
Jake stone garage Official Site
http://www.jakestonegarage.com

大迫章弘

大迫章弘

大迫章弘

1999年 3ピースバンド「EMOTIONAL SOUND SPEAKER」を結成。     
2001年 自主盤「アイノア」を制作。 ハイラインレコード、他で発売を開始。
2002年 バンド名を「e-sound speaker」に改名。
2003年 1st Mini AL 「シロセカイ」をリリース。
2004年 2nd Mini AL 「ノオト」、3rd Mini AL 「群像スケッチ」リリース
2006年 待望の1st Full Album「OTOTOIRO」をリリース。
2008年 maxi single 「Stand by Me」にてメジャーデビュー 。
2009年 自主レーベルadd9 Recordsよりフルアルバム「風吹きぬける、太陽の夜明け」をリリース。
2010年 mini album「存在の詩」をリリース。
2012年 ソロ大迫章弘のe.p.『アコースティックと空と』をリリース。
2013年 ソロ大迫章弘第二弾『ソングバードe.p.』を発表。
[e-sound speaker Member]
大迫 章弘(Vo&Gt)/並木 教人(Ba & Cho)/南部陽介(Drums)
詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

e-sound speaker Official Site
http://www.esoundspeaker.com/

奥田美和子

奥田美和子

奥田美和子

2000年 Sony Records より歌手の大江千里プロデュースによるフジテレビ系アニメ『GTO』エンディングテーマ「しずく」でデビュー。
2003年 BMG JAPAN より発売された芥川賞作家 柳美里初の作詞による「青空の果て」がドラマ『ヤンキー母校に帰る』の主題歌に起用され15万枚以上の大ヒット。 その後も数々のヒット曲を世に放つ。
2008年 ギタリスト菊池英昭(ex.THE YELLOW MONKEY)がプロデュース&コラボレーションする解放プロジェクト brainchild’s の第一弾アーティストとしてシングル、アルバム、ライブに参加。
2011年 本人監修のもと初のベストアルバム「ゴールデン☆ベスト 奥田美和子」を発売。
2012年 日本クラウンより初のカバーシングル「人生に乾杯を!」を発売
2014年2月にシンガーソングライター天野月と期間限定ユニットを組み「無限」を発売。
10月 約2年振りに配信限定シングル「ここにいる」を発売。


奥田美和子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/okudamiwako/

神田雄一朗

神田雄一朗

神田雄一朗 from 鶴

14歳でベースを手にしTHE YELLOW MONKEYのみのコピーバンドで音楽活動を始める。
2003年「鶴」結成時より参加。2008年「鶴」でメジャーデビュー。
8枚のシングル、7枚のアルバム、3枚のミニアルバムをリリースし各地大型フェス出演する。
2015年には全100公演、47都道府県を2周するという前代未聞のツアーを決行。ソウルフルなベースと顔の濃さが魅力。
鶴 Official Site
http://afrock.jp

Keita The Newest

Keita The Newest

Keita The Newest

作詞・作曲、演奏、ボーカル、アレンジ、プロデュースを全て自身で手掛けるアーティスト。
メキシコに生まれ、日本へ帰国。
14歳の時にギターを始め、15歳から作曲も始める。
1996年に再びメキシコへ渡り、その後単身でアメリカ・ボストンへ渡りバークリー音楽院に入学。
2000年に帰国後、オーディションにより吉井和哉がYOSHII LOVINSON名義で発売した1st、2ndアルバム制作にプログラマー、ギタリストとして抜擢されプロとしてのキャリアをスタートさせる。

brainchild’s においては、1st シングル制作よりプログラミング、シンセサイザー、コーラスとして参加。
2ndシングル以降、featuring artistとしてメインボーカル、作詞も担当。
2010年からKeita The Newestとしてソロ活動スタート。
以降、2枚のフルアルバムをリリースしソロアーティストとしての活動を基軸に独自のその先にある普遍の世界観を追究する。


Keita The Newest OFFICIAL SITE
http://keitathenewest.com/

高岸由真

高岸由真

高岸由真

1977年7月5日生まれ。
30歳を前にしてやりたいことが何なのかわからなくなり、就職していた洋服屋を辞めて無職に。
仕方なく始めたバイト先で偶然知り合ったバンドマンがベースを探していたことがきっかけで、バンド活動を始める。
2009年4月、当時組んでいたバンドが奇跡的にbrainchild’sと同じイベントに出演。
同年10月、brainchild’sのライブにベースとして奇跡的に参加。
以来、現在まで奇跡的にbrainchild’sに参加している。

Fenderの音が好きで、JAZZ BASSとPRECISION BASSを好んで使用。
ベース以外に趣味は少ないが、ジーンズ、眼鏡、マグカップへの愛が強く、気に入った物は見ているだけで幸せになれる。
他に、安土桃山〜江戸、江戸〜明治の幕末期が好きで、時代が変わっていくときの歴史の流れに深く興味を持っている。


スロウボート OFFICIAL SITE
http://weareslowboat.tumblr.com/

鶴

鶴

埼玉県鶴ヶ島市にて2003年に結成。バンド名は鶴ヶ島の頭文字から「鶴」になる。
アフロヘアーが話題となり、インディーズにてROCK IN JAPAN、SAMMER SONICなど各地フェスに出演。
2008年「恋のゴング」でメジャーデビュー。
その後「夏の魔物」、「桜」(TBSドラマ『君のせい』主題歌)、「小さくても世界は変わってる」(「エンゼルバンク~転職代理人」挿入歌)などをリリース。
2011年には菊地英昭(ex. THE YELLOW MONKEY / brainchild’s)がゲストに迎えた「秘密」をリリース。
2012年映画「アフロ田中」の主題歌「夜を越えて」をリリースし、これを最後に8年間トレードマークだったアフロヘアーを卒業。
2013年結成10周年でベストアルバム「グレイテスト鶴です~ベストじゃん!!~」リリース。
1同年自主レーベルSoul Mate Recordを立ち上げアルバム「SOUMATE」「Love&Soul」をリリース。
2015年は初の47都道府県ツアーを決行!只今ツアー中!


鶴オフィシャルサイト
http://afrock.jp/

NOKIA

NOKIA

Nokia

2003年結成の鶴というスリーピースロックバンドの歌とギターを担当。
好きなものはロックとソウルとディスコとブルース。
2008年、メジャーデビュー。
2013年、自主レーベルSoulMateRecordを立ち上げ、ますます精力的にライブ活動を行う。
そのバンド人生の中で、学生時代より敬愛してやまなかったTHE YELLOW MONKEYのギタリストEMMAに会う事に成功。
着々と愛と魂を育み、brainchild’sの最初のツアーからギタリストとして参加する事になる。
菊地氏が5秒ほど真剣に悩んだ結果「NOKIA」と命名される。
その後、数々のツアーの中でギターだけでなく歌やMCも任されるようになり、ダンサーになったこともある。
くだらない事を真面目にやるスタンスを大事にするあまり、たまに音楽を置いてけぼりにするフシがあるが、それもまた音楽だと思っている。
現在はbrainchild’sの新しい方向性を菊地氏をはじめとし、メンバーと共に画策中。


私はノキア – アメーバブログ
http://ameblo.jp/nokiatsushi/

早川誠一郎

早川誠一郎

早川誠一郎

7歳でドラムを始め小学校高学年からバンド活動を始める。
MI JAPAN東京校を卒業後18歳でプロデビュー。
自身のバンドACID、Needless Lyricsの活動を経て現在はセッションミュージシャンとして活動中。

《参加アーティスト》栄喜(SIAM SHADE) / √5-ROOTFIVE- / GARNiDELiA / LM.C / LiSA / 王族BAND / 織田かおり(Sound Horizon?FictionJunction) / V6 / CURIO / 堀江美都子 / 小野正利 / 田村直美 / 影山ヒロノブ / 上木彩矢 / 綾野ましろ / Daybreakers(相川七瀬 / 星村麻衣 / 中ノ森文子 / 伊崎央登 / 折井あゆみ / erica / 海賊王) / 柴田あゆみ(ex.メロン記念日) / MASAKI(ex.アニメタル) / KATEI / 吉田 建 / earthmind / ONE ELEMENT / 赤飯 / ゴム / 大島はるな / まつもとななみ / 高崎愛梨 / PEACE$TONE(福田明日香) / BVCCI HAYNES / アナザーユニオン / Space Bulldozer / HANNAH in the Band and more…


早川誠一郎 オフィシャルブログ
「NO DRUMS,NO LIFE」
http://ameblo.jp/seiichiro-hayakawa/

MAL

MAL

MAL

MAL 1985年6月24日 生まれ
「言葉を覚えるのが遅い、、、まずい、、、何か特技を。」 そんな両親の不安を機に4歳からクラシックピアノを始めさせられる。
やらされているというスタンスがその後15年以上続くが、21歳でバンドに出会い、ジャンルを問わず自分から音楽に触れていく事で、言葉以上のコミュニケーションツールとして音楽を話すようになる。 言葉もぎりぎり話すようになる。
ピアニスト、キーボーディストとして演奏やレコーディングを行い、楽曲提供や自身の作品制作等コンポーザー、アレンジャーとしても活動中。

オフィシャルウェブサイト
http://www.chinchikulin.com/

渡會将士

渡會将士

渡會将士 from FoZZtone

FoZZtoneのボーカリストとして2007年にメジャーデビュー。
2015年2月のバンド活動休止後も精力的に音楽活動を続け、ベイビーレイズJAPAN の10thシングル「Pretty Little Baby」を楽曲提供する。
ソロ弾き語りの他、サザンファンクグループ ”渡會将士とブルブルズ”梅雨限定フォークトリオ ”Bar Bar Pole”下北沢の地下アイドル ”HANDSOME” で活躍中。
渡會将士 Official Site
http://wataraimasashi.com/